債務整理後の携帯電話の分割払いは可能?新規契約や機種変更は?

「債務整理をするとブラックリストに載るので携帯電話の分割払いができなくなる」という話を知っている人は多いと思いますが、分割払いができなくなるのは債務整理後の一定期間だけで、永久にできないわけではありません。

また、一括払いなら債務整理後でも問題なく新規契約や機種変更ができますが、未払いの携帯電話代を債務整理している場合などはその会社での契約ができなくなります。

債務整理後は携帯電話の分割払いが一定期間できなくなる

債務整理をすると、銀行やクレジットカード会社などが加盟している「信用情報機関」というところに債務整理をしたという情報が登録されます。

信用情報機関に情報が登録されている状態は俗に「ブラックリスト」と呼ばれていて、携帯電話の分割払いができなくなるほか、クレジットカードの利用や新規の借金などもできなくなります。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があるのですが、ブラックリスト期間は任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510です。

この期間が過ぎれば、信用情報機関に登録されていた情報が削除され、元のように分割払いができるようになります。

債務整理後でも携帯電話の新規契約や機種変更はできる

上述の通り、債務整理をすると一定期間ブラックリスト状態になりますが、ブラックリストによる制限の中に「携帯電話の新規契約や機種変更ができなくなる」という制限はありません。

ですので、ブラックリスト中でも一括払いなら新規契約・機種変更ともに問題なくできます

ただし、携帯電話の未払い料金を債務整理の対象にした場合は、その会社に情報が記録され、再び携帯電話を契約することができなくなります。

まとめ

債務整理の後は、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年の間、信用情報機関に情報が登録されて携帯電話の分割払いができなくなります。

一括払いでなら新規契約・機種変更ともに可能ですが、未払いの携帯電話代を債務整理した場合は、その会社で再び携帯電話の契約をすることができなくなります。