2回目の債務整理ができる条件は1回目の債務整理しだい!

過去に債務整理をしたことがある人でも、2回目の債務整理が必要になることはありますよね。

その場合、1回目の債務整理でどの手続きを選んだかによって、2回目の債務整理の条件が変わってきます。

任意整理の後で2回目の債務整理をする場合

1回目の債務整理が任意整理だった場合、2回目の債務整理は問題なくできることがほとんどです。

2回目の債務整理で個人再生や自己破産を選ぶ場合でも、1回目が任意整理であれば特に影響はありません。

また、1回目に任意整理をした会社とは違う会社を対象とするのであれば、2回目の任意整理をすることに何の差し支えもありません。

ただし、任意整理の後で滞納したなどの理由で同じ会社を相手として2回目の任意整理をする場合は、1回目よりも条件が厳しくなることが多いです。

個人再生の後で2回目の債務整理をする場合

1回目の債務整理に個人再生を選んだ場合、2回目の債務整理が任意整理であれば、特に影響はありません。

2回目の債務整理として再び個人再生を行いたい場合、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」のどちらにしたいかによって条件が違います。

小規模個人再生なら、一度個人再生をした後であっても問題なく行うことができます。

しかし、給与所得者等再生は、1回目の個人再生で給与所得者等再生を選んでいた場合、7年以上が経っていないと行うことができません

1回目の個人再生が小規模個人再生だった場合は、2回目の個人再生で給与所得者等再生を選ぶことに差し支えはありません。

自己破産の後で2回目の債務整理をする場合

一度自己破産をした後で2回目の債務整理をしたい場合、任意整理や、個人再生の小規模個人再生であれば、問題なく行うことができます。

2回目に行いたい債務整理が個人再生の給与所得者等再生である場合は、自己破産から7年以上が経過していなければなりません。

また、自己破産の後で再び自己破産をしたい場合も、1回目の自己破産から7年以上経っている必要があります

なお、2回目の自己破産が1回目と同じ理由だと、自己破産できない条件である「免責不許可事由」に当てはまるため、自己破産を認めてもらえないので注意してください。

まとめ

任意整理や個人再生の小規模個人再生は、2回目に行う場合も特に条件がないので便利です。

一方、個人再生の給与所得者等再生や自己破産は、1回目の債務整理が給与所得者等再生もしくは自己破産だった場合、7年以上が経っていなければ行うことができません。

また、一度自己破産をした人が2回目の自己破産をする場合、1回目と同じ理由だと免責不許可事由になるので注意する必要があります。