債務整理にかかるお金はどのくらい?払えない人も取れる方法とは

債務整理を検討している人にとって、債務整理の費用としてどのくらいのお金がかかるのか、という点は気になるところだと思います。

また、今お金がない人の中には、「債務整理をしたいけれども費用が払えなくてできない」という人も少なからずいるでしょう。

ここでは、債務整理にかかるお金を比較したうえで、債務整理にかかるお金を払うのが難しいという人でも取れる方法を紹介していきます。

債務整理にかかるお金を比較

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、それぞれ費用としてかかるお金が違います。

最もポピュラーな債務整理である任意整理の場合、かかるお金は1社あたり2万円~5万円といったところでしょう。

借金の元本を大幅に減額してもらえる債務整理である個人再生の場合は、弁護士費用と裁判所の費用を合わせて40万円~60万円程度のお金がかかるのが一般的です。

借金自体をなくしてもらえる債務整理である自己破産だと、手続きに「同時廃止」「少額管財」「管財事件」の3種類があり、どれをとることになるかによってかかるお金が変わります。

財産がなく簡易的な手続きで自己破産できる人は同時廃止をとることになりますが、同時廃止の場合にかかるお金は30万円くらいです。

少額の財産がある人や免責不許可事由に当たる人がとる少額管財では、費用として50万円以上のお金がかかります。

多額の財産がある人や少額管財を扱っていない裁判所で自己破産する人がとる管財事件では、70万円以上のお金がかかることになります。

債務整理にかかるお金を払えない人でも取れる方法

債務整理にかかるお金を用意できないという人でも、国の公式な法人である「法テラス」を利用して弁護士や司法書士に依頼すれば、債務整理の費用を割安で立て替えてもらうことができます

なお、法テラスを利用できるのは、一人暮らしの場合で月収18万円以下、持っている財産が180万円以下の人です。

まとめ

債務整理の費用としては、任意整理の場合で1社あたり2万円~5万円、個人再生の場合で40万円~60万円程度、自己破産の場合で約30万円~70万円以上となります。

お金がなくて債務整理の費用を用意するのが難しいという人は、「法テラス」を利用することで、債務整理にかかるお金を割安で立て替えてもらうことが可能です。

法テラスは目安として月収18万円以下・財産が180万円以下の人が利用できます。

三重で債務整理におすすめの弁護士事務所はこちら