銀行カードローンは任意整理できる?口座は凍結される?

三菱UFJ銀行の「バンクイック」や東京スター銀行の「スターカードローン」など、銀行カードローンは簡単かつ手軽にお金を借りられるので、使い過ぎてしまったという人もいると思います。

銀行カードローンで作った借金も任意整理することはできるので、ここでは銀行カードローンを任意整理する方法や口座が凍結されるかどうかなどについて説明していきます。

銀行カードローンを任意整理する方法

銀行カードローンを任意整理する場合も、クレジットカードや消費者金融の任意整理と同様、弁護士や司法書士に依頼して行うことになります。

まず、弁護士事務所や司法書士事務所を探して事前相談の予約をとり、事前相談のための持ち物を揃えましょう。

借金問題を解決するのに任意整理が最適かどうかを判断してもらうために、通帳のコピーや給与明細など、家計の収支を把握するための書類を用意するといいです。

また、借金についての情報がわかる取引明細や契約書、カードローンのカードといった資料も、手元にあればまとめて持っていきましょう。

さらに、実際に任意整理を行う場合には、運転免許証などの身分証明書、印鑑、住民票が必要になります。

こうした持ち物を揃えて事前相談に行き、委任契約を結べば、あとは待っているだけで任意整理が完了します。

銀行カードローンを任意整理すると口座は凍結される

銀行カードローンを任意整理するときに注意したいのが、お金を借りた銀行の口座は凍結されて使えなくなるということです。

例えば、三井住友銀行の「三井住友銀行カードローン」でできた借金を任意整理した場合、三井住友銀行の口座はすべて凍結され、利用できなくなります。

口座が凍結されると預金が引き出せなくなり、残高はすべて借金と相殺されてしまいます。

そのため、銀行カードローンを任意整理する前には、必ず口座にある預金をすべて引き出しておきましょう

なお、任意整理の対象にした銀行では、任意整理が完了した後やブラックリストが解除された後でも、銀行口座を作ることができなくなります

任意整理の対象に含めていない銀行では口座の開設が可能なので、他の銀行で口座を作るのがよいでしょう。

まとめ

銀行カードローンも、クレジットカードや消費者金融の借金と同様、弁護士や司法書士に依頼して任意整理を行うことが可能です。

ただし、銀行カードローンを任意整理すると、その銀行の口座はすべて凍結されて使えなくなるので、あらかじめ預金をすべて引き出しておく必要があります。

任意整理の対象とした銀行では口座を作れなくなりますが、他の銀行なら問題なく口座を開設できます。