債務整理後にお金を借りる前に読んでおきたい2つのポイント

債務整理をした人の中には、「ブラックリスト中だけどどうしてもお金を借りる必要がある」という人もいると思います。

債務整理をすると、信用情報機関に登録されてブラックリスト状態になり、お金を借りるのが難しくなります。

しかし、市区町村役場に相談して「生活福祉資金貸付制度」を利用することで、お金を借りることは可能です。

ただし、生活福祉資金貸付制度は審査があるので急にはお金を借りられません。どうしても急にお金を借りる必要がある場合は、中小消費者金融を当たるのも一つの手です。

債務整理後にお金を借りるなら市区町村役場に相談を

債務整理をした後は、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産の場合は約510年の間、ブラックリスト状態になってお金を借りるのが難しくなります。

この期間にどうしてもお金を借りる必要があるという場合には、市区町村役場に相談して「社会福祉協議会」が提供している「生活福祉資金貸付制度」を利用してお金を借りるのが最もいい方法です。

生活福祉資金貸付制度の中でも、「総合支援資金」の「生活支援費」や「一時生活再建費」であれば、債務整理後に生活費が足りなくなったときにお金を借りることが可能です。

また、「福祉資金」の「緊急小口資金」は、総合支援資金よりも審査の期間が短いので、もっと急ぎでお金が必要になったときでも利用できます。

債務整理後どうしても急にお金を借りることになったら

とはいえ、生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りるには、短くても2週間以上の時間がかかります。

どうしても急にお金を借りる必要があるという人は、中小の消費者金融を当たってみるのも一つの手です。

アロー、エイワ、セントラル、フクホー、フタバといった中小消費者金融は、対面式の審査をするなど大手の消費者金融とは異なる方法で審査をしているため、債務整理後でもお金を借りることができます。

まとめ

債務整理後にお金を借りる必要があるという人は、まず市区町村役場に相談して社会福祉協議会の「生活福祉資金貸付制度」が利用できないか確認してみましょう。

生活福祉資金貸付制度では、生活費が足りないときに使える「総合支援資金」や、急ぎでお金が必要な人が利用できる「緊急小口資金」を利用してお金を借りることができます。

ただし、生活福祉資金貸付制度を利用するには最短でも2週間くらいの時間がかかるため、どうしても急にお金を借りる必要がある人の場合は、中小消費者金融でお金を借りることも検討してほうがよいでしょう。