任意整理はどの弁護士に依頼するべき?失敗しない選び方とは

借金問題を解決したいと思って任意整理を検討している人にとって、最初の一歩となるのが弁護士選びです。

任意整理は弁護士もしくは司法書士に依頼することができるので、まず弁護士と司法書士のどちらに依頼するか決める必要があります。

そのうえで、たくさんある弁護士事務所の中からどこを選ぶのかを考えなければなりません。

ここでは、任意整理で失敗しない弁護士の選び方をまとめていきます。

任意整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼するべき?

弁護士が任意整理を行う場合は借金の金額にかかわらずどの案件でも担当することができますが、司法書士に依頼できるのは借金額が1社につき140万円以下の案件のみです。

また、任意整理では話し合いで和解に至れない場合に裁判を起こすことができるのですが、弁護士ならどの裁判でも代理人になれるのに対して、司法書士は簡易裁判所でしか代理人になれないため、控訴されて地方裁判所や高等裁判所に行くことになった場合は新しく弁護士を探さなければならなくなります。

一方、司法書士に任意整理を依頼するメリットは費用が比較的安くなることです。

したがって、1140万円以下の借金を任意整理する場合は、スムーズに任意整理できる見込みで費用を安く済ませたいなら司法書士、個人再生や自己破産になる可能性があったり、裁判になる可能性があったりするなら弁護士を選ぶとよいでしょう。

任意整理で弁護士を選ぶときのポイント

任意整理を依頼する弁護士を選ぶときは、まず弁護士事務所が自宅から通いやすいところにあるかどうかを調べておきましょう。

時間やお金をかけずに行ける弁護士事務所にしておいたほうが、無理なく任意整理を行うことができます。

また、任意整理の実績が十分あるかなど、その弁護士事務所が任意整理を得意としているかどうかも確認しておいたほうがいいです。

さらに、弁護士費用がどのくらいかかるのかも気にしておきましょう。事前相談の予約を取るときに、費用の見積もりをしてもらえるか確認しておくのもよいでしょう。

まとめ

任意整理は弁護士か司法書士に依頼することができますが、司法書士の場合は1社につき140万円以下の借金しか扱えない、代理人になれるのは簡易裁判所のみ、といった制限があります。

弁護士に任意整理を依頼する場合は、弁護士事務所が自宅から通いやすい場所にあるか、任意整理の実績が豊富な弁護士事務所か、弁護士費用はどのくらいかかるかといった点をあらかじめ調べておくとよいでしょう。