任意整理は家族にバレずにできる?影響は出る?

返しきれない借金を抱えて任意整理という方法にたどり着いた人の中には、家族にバレずに任意整理したいという人も多くいることでしょう。

また、任意整理をすると家族にどんな影響が出るのかも気になるところだと思います。

ここでは、家族にバレないように任意整理する方法や、任意整理によって家族に影響が出るのはどんな場合かを説明していきます。

家族にバレないように任意整理する方法

家族にバレないように任意整理をするには、弁護士や司法書士に任意整理を依頼すればOKです。

弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、お金を借りた会社からの連絡は自宅ではなく法律事務所に来るようになるので、電話や郵便物によって家族に任意整理のことがバレるのを防ぐことができます。

弁護士や司法書士に任意整理を依頼する場合、本人がやらなければならないのは、弁護士事務所や司法書士事務所を決めること、事前相談に行くこと、委任契約を結ぶための持ち物を用意することの3点だけです。

この3つが済んでしまえばあとは待っているだけでOKなので、家族にバレてしまう要素は特にありません。

任意整理で家族に影響は出る?

任意整理では、ブラックリストの制限によって家族に影響が出る場合があります。

任意整理をすると、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されてブラックリスト状態になり、約5年間、クレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングでの借金、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になること、賃貸契約で信販系の保証会社を利用することができなくなります。

まず、クレジットカードについては本人のカードを親カードとしている家族カードが使えなくなるので、家族カードを発行している人は注意が必要です。

また、住宅ローンや自動車ローンを組むことができなくなるため、ローンを組んで高額なものを購入する予定がある人は、そのことを頭に入れておきましょう。

借金の保証人になれないということについては、子どもに奨学金を利用させたい場合に影響が出ます。その場合でも、人的保証ではなく機関保証を利用してもらうという方法で奨学金を借りることは可能です。

まとめ

家族にバレないように任意整理をするには、弁護士や司法書士に任意整理を依頼する必要があります。

また、任意整理ではクレジットカードの家族カードが使えなくなる、住宅ローンや自動車ローンなどのローンが組めない、人的保証で奨学金を借りるときの保証人になれないといったことで家族に影響が出る可能性があります。