任意整理は会社にバレる?仕事への影響は?

借金が返しきれずに任意整理を考えている人は、会社にバレないか、仕事への影響がないかなど心配なことも多いと思います。

ここでは、任意整理が会社にバレる可能性はほぼないこと、仕事への影響が出ることもないということを説明していきます。

任意整理は最も会社にバレにくい手続き

任意整理のような、借金問題を解決するための正式な手続きを「債務整理」というのですが、任意整理は債務整理の中でも最も会社にバレにくい手続きです。

借金の元本を減らせる手続きである個人再生や、借金そのものをなくすことができる自己破産の場合は、裁判所を通す手続きとなるため、国の新聞である「官報」に住所・氏名・裁判所名などの情報が記載されます。

しかし、任意整理は裁判所を通さない手続きなので、官報は載りません

さらに、弁護士や司法書士に依頼して任意整理をすれば、お金を借りた会社からの電話や郵便はすべて弁護士事務所や司法書士事務所に送られることになるため、会社に電話や郵便が来ることもないので安心です。

つまり、自分から任意整理のことを話題に出さない限り、会社の人に任意整理がバレる可能性はほとんどないと言えるのです。

任意整理で仕事に影響が出ることはまずない

任意整理では弁護士や司法書士に自分の代理人となってもらってお金を借りた会社と交渉するのですが、本人がやらなければならないことはそれほどありません。

最初に弁護士事務所や司法書士事務所に行って事前相談をした後、委任契約を結べば、本人はその後手続きが終わるまで待つだけでOKです。

前述の自己破産や個人再生は裁判所を通す手続きなので、平日の日中に何度か裁判所へ行かなければならないのですが、任意整理は裁判所を通さない手続きなので、裁判所に行く必要がないのです。

また、自己破産の場合は手続き中に一部の職業で働けなくなるため、仕事への影響が出るおそれがありますが、任意整理ではそのような制限はかからないので、手続き中でも今までどおりに仕事をすることができます

まとめ

任意整理は裁判所を通さずに行う手続きなので、国の新聞である官報に情報が掲載されることがありません。

また、弁護士や司法書士に依頼して任意整理した場合、電話や郵便はすべて法律事務所に行くため、職場に連絡が来ることもないので安心です。

任意整理の場合、本人がやらなければならないことは法律事務所を探して事前相談に行き、委任契約を結ぶことだけで、裁判所に行く必要などもありません。

自己破産では手続中に一部の職業で働けなくなりますが、任意整理なら職業制限はかからないので、通常通りに仕事をしてOKです。