個人再生の住宅ローン特則とは?家を残して借金を減額!

個人再生には「住宅ローン特則」という制度があり、利用すると住宅ローンが残っている家を手放さずに借金を減額してもらうことができます。

ここでは、住宅ローン特則の仕組みについてわかりやすくまとめたうえで、住宅ローン特則を利用して個人再生する方法をまとめていきます。

個人再生の住宅ローン特則とはどんな仕組み?

個人再生は裁判所を通す法的な手続きであるため、通常であれば特定の借金を対象から外して他の借金だけ減額してもらうといったことはできません。

つまり、完済前の住宅ローンがある人が個人再生すると、住宅ローンも整理されて家がローン会社に回収されてしまうのです。

しかし、住宅ローン特則という制度を利用すると、完済前の住宅ローンを個人再生の対象から外し、他の借金だけを減額してもらうことが可能になります。

そのため、持ち家を手放すことなく個人再生ができるというわけです。

住宅ローン特則を利用して個人再生する方法

住宅ローン特則を利用して個人再生するには、対象となる家が個人再生をする人の所有物であること(家族などとの共有でもOK)、本人が現在住んでいる家であること、住宅ローン以外の借金の担保になっていないことなど、いくつかの条件を満たす必要があります。

条件を満たしている家であれば、裁判所に個人再生を申し立てるときに提出する用紙に住宅ローン特則を利用する旨を明記することで、手元に残したまま個人再生ができます。

個人再生は一般的に弁護士や司法書士に依頼して行うので、住宅ローン特則を利用したいということを弁護士や司法書士に伝えておけば、申し立ての書類の書き方を教えてもらえます。

個人再生で住宅ローン特則を利用するデメリット

個人再生を行う際に住宅ローン特則を利用すると、減額された借金の返済と同時に住宅ローンの支払いも続けていくことになります。

そのため、住宅ローン特則を利用して個人再生を行う場合は、返済計画をしっかりと立てる必要があります。

まとめ

個人再生では特定の借金のみ対象から外すことは基本的にはできませんが、住宅ローン特則を利用すると特例的に完済前の住宅ローンだけを対象から外し、家を手放さずに個人再生を行うことができます。

住宅ローン特則を利用するためには、住宅ローンの対象である家が本人の所有物であり現在住んでいることなどの条件を満たす必要があり、裁判所に申し立てるときに住宅ローン特則を利用する旨を明記します。

住宅ローン特則を利用することのデメリットとしては、減額された借金の返済と住宅ローンの支払いを同時に続けなければならない点があります。