借金は「時効の援用」でなくせるって本当?3つのポイントで解説

借金をしている人の中には、「借金は時効で消える」という情報を見て、時効援用のやり方を知りたいと思っている人も少なくないでしょう。

借金は5年または10年で時効を迎えますが、時効が成立した借金は「時効の援用」という手続きをすることで消滅させることができます。

ただし、一般的な銀行・クレジットカード会社・消費者金融が相手の借金の場合、時効を成立させるのは極めて難しいです。

時効が成立した借金は「時効の援用」で消滅する

借金には時効があり、返済期限から5(個人間の借金などの場合は10年)で時効が成立します。

時効が成立した借金は、「時効の援用」という手続きを取ることで消滅させることが可能です。

逆に言うと、時効の期間が過ぎていても時効の援用をしなかった場合、借金は消滅しないということになります。

借金について時効の援用をする方法

時効の援用とは、「借金の時効が成立しているので時効を利用して借金をなくしたい」という意思を、お金を借りた相手に伝える手続きのことを言います。

時効の援用で一般的に使われる方法として、「内容証明郵便」があります。

内容証明郵便とは、いつどんな内容の郵便を誰から誰宛に出したかを郵便局が証明してくれる制度です。

時効の援用をするには、「消滅時効が成立した借金について時効の援用をする」という旨を明確に記載して書面を作り、内容証明郵便でお金を借りた相手に郵送すればOKです。

借金の時効援用は簡単にはできない

一般的な銀行・クレジットカード会社・消費者金融からの借金では、時効はなかなか成立しません。

まず、借金の返済が滞ると電話や郵便で督促が来ますが、一度でも返済をすると時効が「最後に返済をした日から5年」に延びます

さらに延滞が続くと裁判所に訴えられて裁判になりますが、裁判になった場合も「裁判で請求されてから5年」に時効が延びます

その後も支払いをしないと給料などを差し押さえられることになるので、実際に時効を成立させるのは難しいのです。

まとめ

銀行・クレジットカード会社・消費者金融からの借金は、返済期限から5年が経つと時効が成立します。

時効を迎えた借金については、「時効の援用」という手続きを取れば消滅させることができます。

時効の援用をするには、「消滅時効が成立した借金について時効の援用をする」という旨を明記した内容証明郵便が使われるのが一般的です。

ただし、借金の時効は返済すると最後に返済した日から5年に、裁判で請求されると請求された日から5年に延長されるため、実際に時効を成立させられるケースは珍しいといえます。