債務整理の流れとは?任意整理・個人再生・自己破産の手順を解説

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、それぞれ流れが異なります。

ここでは、本人がやらなければならないことがわかりやすいように、それぞれの手続きの流れを説明していきます。

どの債務整理にも共通の流れ

まず、法律事務所へ事前相談に行き、借金額や収入などの状況から最適な手続きを判断してもらったうえで、委任契約を結んで債務整理を依頼します。

その後、法律事務所からお金を借りた会社へ「受任通知」が送られ、その効果で債務整理の完了まで借金の返済がストップします。

この期間に、債務整理の費用を分割払いで支払います

一番人気の債務整理「任意整理」の流れ

任意整理では委任契約の後、以下のような手順を踏むことになりますが、すべて法律事務所に任せておけばOKです。

・借金に関する情報の開示請求

・正確な返済額を計算する「引き直し計算」

・相手先の会社との交渉と和解

元本を減らせる債務整理「個人再生」の流れ

個人再生では委任契約の後、書類の準備をしてから裁判所に申し立てを行います。

申し立て後、裁判所によっては「個人再生委員」と呼ばれる弁護士がつき、本人との面接が行われます。

個人再生委員がつく場合は、「積み立てトレーニング」や「履行テスト」と呼ばれる支払いのテストも行われることがあります。

並行して、借金の金額が調査・確定されます。

借金額が確定したら、返済計画である「再生計画案」をつくって裁判所に提出します。

その後、お金を借りた会社に再生計画案を認めるかどうか書面で決議が行われ、過半数の反対がなければ個人再生が認められます。

借金をなくせる債務整理「自己破産」の流れ

自己破産の場合も、書類の準備をしてから裁判所に申し立てを行います。

同時廃止の場合

財産がない人は同時廃止の手続きになり、裁判所で1回面接が行われますが、本人が出席しなくていい場合もあります。

その後、裁判所から「破産手続開始決定」が出され、「免責審尋」という面接を受けます。

問題がなければ自己破産が認められ、借金がなくなります。

管財事件の場合

財産がある人は管財事件の手続きになり、破産手続開始決定が出るのと同時に「破産管財人」とよばれる弁護士がつきます。

それから破産管財人と本人との面接1回行われ、財産の処分が始まります。

また、債権者集会が開かれ、処分状況が報告されます。

財産が多くなければ債権者集会は1回で終わり、免責審尋の後、問題がなければ自己破産が認められます。

まとめ

どの債務整理でも、流れの最初は法律事務所での事前相談です。

最適な手続きを選んでもらって委任契約を結んだら、受任通知が送られて督促がストップするので、その間に費用を支払います。

その後の手続きは、任意整理・個人再生・自己破産でそれぞれ異なります。

 

神戸で自己破産に強い弁護士はこちら